CATEGORY

トップ

内股活性法・骨盤底筋活性法

~丹田を活性化、充実させるセルフケア~ 尿漏れ、頻尿、月経血コントロールなどに効果が期待できます 内股 東洋医学で言う陰経(肝経・脾経・腎経)が通る場所で、すべて関元(丹田)というツボに集まってきます。丹田が活性化させると骨盤底筋も締まって活性化が促進されます。 関元(かんげん):臍の下3寸(人差し指から小指までの指4本分)にあるツボ。この穴には、丹田(たんでん)、大中極など10個以上の別名があり […]

坐骨歩き(足下げ法、足上げ法)

~骨盤を締める・骨盤の左右を整える~ 小顔・丹田活性にも効果が期待できます 骨盤は、上半身と下半身を繋ぐ要です。骨盤がゆがむと身体全体のバランスが崩れ、腰痛・肩凝り・首凝り・頭痛・脚の冷えやむくみ・生理不順…など様々な不調の原因となると考えられます。  初級編 1.膝を立てて、体育座りをする 2.手は膝の上に置く 3.足は床につけたまま、進む側の足の坐骨を浮かして前進する 4.足は床につけたまま、 […]

ふくらはぎ活性法(仰臥位・側臥位・四肢立ち)

  ~むくみや冷え性でお悩みの方、血圧が気になる方、腰痛の改善~ ◎ふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」と呼ばれるように、収縮⇔弛緩を繰り返すことで血液を送り出すポンプのような働きをしています。このセルフケアにより、脚の血液が心臓へ戻りやすくなり全身の血行がよくなり、むくみや冷え性が改善されます。 ◎ふくらはぎの筋肉は下腿三頭筋と呼ばれ、腓腹筋とヒラメ筋から構成されます。下腿三頭筋は膝裏から […]

手足の関節の調整方法

手関節、足関節は氣が滞りやすい場所です。 関節を柔軟にして、氣が常に流れるからだにしていきましょう。

手足の指尖(十尖)の調整方法

十尖(じゅっせん):両手・両足の十指の各先端中央(爪の間際は避ける) ☆鉄筆:こちらを使用(無い場合は爪楊枝の丸いほうをお使いください) 指1本ずつの感覚の違いを味わう。 ・指先の感覚とからだの状態を照らし合わせる。 ・脳を活性化する作用もあります。 ・脳梗塞・脳血管障害の治療に使われるツボ。 ※鉄筆の先を指の先端中央に固定し、右回りで優しく刺激しています。 一般的に右回り(時計回り)は補法とされ […]

手足の爪根(井穴)の調整方法

井穴(せいけつ):爪の生え際のツボ、手足の末端穴にあたる。 ・脈気が出る所。 ・経絡の陰経と陽経が交わる場所。 ①気の出かたが良くなる。 ②末梢の毛細血管の循環が良くなる。 ③自律神経のバランスが整う。 揉む指と反対側の親指と人差し指で手足の爪の根元を挟んで揉みます。 「気持ちがいい」強さでリラックスして行います。 時間は決めず「からだに聞きながら」満足するまで揉んでください。 指1本1本に「あり […]