チ楽基礎養成セミナーのお知らせ

一般社団法人 いのちクリエイション 代表理事
鍼灸 瑛 院長 【鍼灸学博士】
いのちアカデミー主宰
チ楽協会認定 チ楽基礎楽師 渡邉勝之

世界的な潮流として、「病気の治療」から、「健康の生成」へと大きくシフトしている。

また、現在の新型コロナウイルスの対策として、ワクチンや治療薬の開発が期待されている。

もちろん、それらの予防薬・治療薬も必要である。

しかし、それら薬が効果を発揮する土台となる、我々一人ひとりに備わっている、“免疫力”・“ホメオスタシス”(生体恒常性)、“自己治癒力”を高めることが最も重要であると捉えている。

なぜなら≪自然治癒力≫以外に、病気を治す方法はないのである…。

薬(西洋薬・漢方薬)を始め、手術や鍼灸治療などは、病気を治しているのではなく、≪自然治癒力≫が最大限に発揮できるように、援助している医療的手段だと認識している。

ウイルスに感染しない。たとえウイルスに感染したとしても、発病しない、重症化しない。そのような方法を確立し、多くの方々が実践することが今、重要であると考えている。

そのためには、日常生活の習慣を調えること。古来より、“調息”・“調身”・“調心”が重要視されてきました。

具体的には、食事療法や運動療法、さらにはツボ療法などが効果的である。

すなわち、“いのち”の声を聴き、自然治癒力を最大限に発揮できるように自分自身が行う、【セルフケア】が土台となる

そのためには、五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)はもちろんのこと、五感以外の感覚の総称である、【ゼロ感】が必要不可欠となる。

病気を治す、病気と闘う(闘病)というのが、現在の常識となっている。

しかし、問題を解決するには、同じ次元では無理であることが指摘されている。
<
アインシュタイン>

すなわち、病気と同じ次元での病気の治療という対処法では、問題を解決することはできないのです。

(病気の診断・治療を主な目的とする、医学が日進月歩のごとく、進歩しているにも関わらず、病気および医療費は増大の一途を辿っていることが如実に物語っている。)

いにしえより、東洋医学では、「病気」ではなく、「元氣」に注目してきた。最初に述べたように、「病気を治す」のではなく、「健康」すなわち「元氣」に注目し、「元氣になれば、病気は治る」と捉え、病気とは違う次元でのアプローチをしていたのである。

私はこれまで約20年間、故・有川貞清医師が創成した、“印知感覚”に基づく「始原東洋医学」を実践してきました。

また、食養生や身心技法などのセルフケアも指導し、自然治癒力が最大限に発揮できるよう、手助けすることにより臨床効果をあげてきました。

しかし、まだ納得できない感覚がありました。

それは“印知感覚”を覚醒するのに時間がかかること。

また、伝えることの困難さでした…。

今回、先輩である山野隆医師が創成した、五感以外の総称である【ゼロ感(印知感覚より広範囲)】と五感を総和した、【6感科学(チ楽)】に基づく「テン医療」の素晴らしさを実体験し、新たな世界が広がり、納得感が日々高まっている。

「チ楽・テン医療」の素晴らしいところは、効果はもちろんのこと、方法がシンプルであり、副作用がないこと。

さらに【ゼロ感】には個性があり、一人ひとりの体験に基づいた科学すなわち「規則性」を土台としていることである。

学ぶのではなく、気づくことを重視し、「体験なき理解は、誤解である」と表現している。

これらの経験を踏まえ、チ楽協会認定の基礎楽師として、究極のセルフケアである、“フィンガーケア”・“スティックケア”を、皆様にお伝えすることになりました。

たとえ医学的知識や医療の経験がなくても、誰もが短期間に習得できる【ゼロ感】を共感し、共に【6感科学(チ楽)】を実践できることになりました。

チ楽基礎養成セミナーの主な内容は、下記の3点です。

  1. 誰もが有している、五感以外の総称である【ゼロ感】を覚醒する方法。
  2. 自分自身の手で行う“フィンガーケア”の具体的な方法。
  3. 木製のスティックを皮膚の1カ所に当てるだけで、刺さなくても効果を発揮する、“スティックケア”の具体的な方法。

興味・関心のある方は、下記に記した、山野隆先生のご略歴、チ楽とは、をご覧ください。

またYoutubeの動画でも、チ楽の創成者である山野隆先生が分かり易く解説している、ダイジェスト版をご覧頂けます。(動画受講として、150分のフルバージョン版もあります。)

さらに、究極のセルフケアを自分自身にできるようになりたい、家族や周囲の方々の健康生成に貢献したい、鍼灸治療などの医療に応用したいと思われる方は、下記のメールアドレスに、ご一報ください。お待ちしております。

医師をはじめ、多くの医療従事者が習得されています。
医学的知識ならびに医療経験のない、一般の方々も多く受講されています。

info@inochi-academy.ne.jp

 

あなたと【ゼロ感】を共感し、新たな世界を共有できることを楽しみにしています。

 

一般財団法人チ楽協会
代表理事 医師 山野隆 先生 ご略歴

 

1981年、鹿児島大学第三内科に入局し、故井形昭弘教授(スモン病の原因解明)

納光弘教授(HTLV-1関連脊髄症発見、原因解明)の薫陶を受け、神経内科専門医として研究、臨床を行う。

1994年から故有川貞清先生に気滞を望診する“始原東洋医学”の指導を受け

1998年から鹿児島市に山野医院を開業し、印知感覚より広範囲の[ゼロ感](五感以外の感覚の総称)を利用した独自の診療法に着手。

気の流れを極め、無の点[テン]を体内に発見し、セルフケア、テン医療を開発し6感科学[チ楽:チラク]を提唱。

[チ楽院]を創成し、養成講座等を開催し、短期間の伝達に成功している。

チ楽とは

自身あるいは相手の健康状態を向上させるセルフケアである。

25年以上の研究成果で、特徴は安全、簡単、ローテク、施行・訓練の短時間さである。

基本となるキーワードは、6感科学(チ楽)、テン、テン医療

RBM:Regularity Based Medicine 等である。

(6感とは五感以外の感覚の総称のゼロ感と五感との総和であり、テンは身体の気の流れを極めた結果の身体内の点である。)

具体的なセルフケアとして、フィンガーケア、スティックケア、選択ケア(ハーブ、エッセンシャルオイル等の選択)がある。

『 医学・看護・福祉原論 - いのちに基づいた医療&健康 - 』出版記念シンポジウム 

『セルフケアの身心技法』
要旨プレゼンテーション(6分38秒)

 

2019年度・いのちアカデミー
『セルフケアの身心技法』
ダイジェスト版(7分)

 

さらに詳しく、動画受講および著書をご希望される方は、下記より御購入ください。
動画受講料:150分 13,200円 (税込み)
動画受講申し込みはこちら

渡邉勝之・広井良典編集
『医学・看護・福祉原論』
ーいのちに基づいた医療&健康ー

出版社: ビイング・ネット・3,800円(税金・送料込み)
テキスト購入はこちら