CATEGORY

セルフケア

氣が出ている手の状態

氣が出ている手の状態の一つの目安 ・サラミ状(赤くなった手のひらに白い斑点が出ます)になる。 ・柔らかくて、温かくて、氣が出ている手、ふれると気持ちがいいと感じてもらえる手になる。 ・一般的に労宮と十宣(尖)から氣はよく出るといわれますが、手全体から氣が出る手を創ることを目指します。 労宮(ろうきゅう):手の平の中央に位置する。こぶしを握ったときに中指と薬指の先端の間。 十宣、十尖(じゅっせん): […]

手掌・足底の調整方法

  両手の平と両足の裏を合わせることで全身のまとまりを創っていきます。 こころとからだが統一していきます。 柔らかくて、温かくて、氣が出ている癒す手をつくることができます。 40分後、ご自分の痛みのある個所にふれて心地よさを感じてみてください。 ご家族やご友人、大切なペットなどに癒す手でふれると喜ばれます。 美味しいお結びもつくれるようになるそうです。

手足の関節の調整方法

手関節、足関節は氣が滞りやすい場所です。 関節を柔軟にして、氣が常に流れるからだにしていきましょう。

手足の指間(八邪)の調整方法

八邪(はちじゃ):手背、手を軽く握り、各中手施設関節の間の背側(手足の水かき部分) ・末梢の循環が良くなる。 ・氣が良く出るようになる。 ・氣が良く出る手になると触る(手当)だけで癒すことができるようになる。 ・脳梗塞・脳血管障害の治療に使われるツボ。

手足の指尖(十尖)の調整方法

十尖(じゅっせん):両手・両足の十指の各先端中央(爪の間際は避ける) ☆鉄筆:こちらを使用(無い場合は爪楊枝の丸いほうをお使いください) 指1本ずつの感覚の違いを味わう。 ・指先の感覚とからだの状態を照らし合わせる。 ・脳を活性化する作用もあります。 ・脳梗塞・脳血管障害の治療に使われるツボ。 ※鉄筆の先を指の先端中央に固定し、右回りで優しく刺激しています。 一般的に右回り(時計回り)は補法とされ […]

手足の爪根(井穴)の調整方法

井穴(せいけつ):爪の生え際のツボ、手足の末端穴にあたる。 ・脈気が出る所。 ・経絡の陰経と陽経が交わる場所。 ①気の出かたが良くなる。 ②末梢の毛細血管の循環が良くなる。 ③自律神経のバランスが整う。 揉む指と反対側の親指と人差し指で手足の爪の根元を挟んで揉みます。 「気持ちがいい」強さでリラックスして行います。 時間は決めず「からだに聞きながら」満足するまで揉んでください。 指1本1本に「あり […]